インフルエンザの基礎知識

インフルエンザ予防対策

インフルエンザ予防対策

インフルエンザにかからないためには、1に予防、2に予防・・・というように、とにかく予防が大事です。予防といっても特別なことをする必要はありません。ちょっとした心構えと知識があればいいのです。

インフルエンザにかかったら

インフルエンザにかかったら

インフルエンザにかな・・・と思ったら、とにかくすぐに医者に行く必要があります。ただのカゼと違い、ほっておくとあなたの回復も送れることはおろか、家族やまわりの人にも迷惑をかける事になるのです。

インフルエンザを知ろう

インフルを予防しよう

インフルエンザの治療

インフルについて

インフルエンザはウィルス性の疾患です。季節性のインフルエンザは毎年決まった時期に流行を繰り返しています。ウィルスのタイプによっていくつかの型があり、さらに細かく分類すると数種類に分けることができます。

毎年違った型が流行し、さらに数十年に一度の割合で変異的な型が流行する時期もあります。現在ちょうど新型といわれる型が流行し始め、爆発的流行の時期となっています。

インフルエンザはウィルス性の疾患なので、かからないようにできるだけ予防することが求められます。ワクチンによる予防のほか、空気感染という特徴をよく知り、日常の中で予防することが大切です。

管理者あいさつ

管理者

インフルエンザの基礎知識へアクセスしていただき、ありがとうございます。

インフルにかかると風邪に似たような症状のほかに、高熱が出て悪寒や寒気、筋肉痛、関節痛などを感じることがあります。

ウチの子どもたちも何回かインフルにかかったのですが、普通のカゼとは明らかに違うのです。このような症状を感じたら医師に診察を受け、適切な薬を処方してもらい、治療をすることが大切です。こうしたインフルエンザの基礎知識をもう一度確認してみましょう。

Copyright© 2008-2013 インフルエンザの基礎知識 All Rights Reserved.